読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ったことのないフロリダ

いなくなってしまった人や、誰なのかわからない人のこと

177喧嘩

行旅死亡人
本籍住所不詳、氏名自称倉田樹三郎五十六歳の男でバタヤ。大酒家でよくからむ癖がある。身長一六二糎、体格中肉、着衣、薄レンガ色ジヤンパー、綿入れチヤンチヤンコ、白ワイシヤツ、白丸首長袖シヤツ、カーキ色ズボン等。所持品リユツクサツク、登山帽、薄茶ズボン、バスケツト靴、赤色財布等。現金なし
右は、昭和四十年四月六日夜中央区銀座東八の二十一千代橋上でバタヤ仲間と思われる者とケンカ、鈍器のようなもので顔面を強打され頭蓋内損傷で死亡した。死体は医学の教育のため、東京慈恵会医科大学解剖学教室に提供した。心当りの方は当区厚生部福祉課に申し出られたい。
昭和四十年五月六日
東京都 中央区役所


行旅死亡人
本籍、東京都墨田区業平四丁目六番七号、住所不定、最後の立寄先、横浜市神奈川区斉藤分町一三八番地#田方、氏名、古賀育雄、昭和二十四年十月二十一日生、男性、身長一六七センチ中肉、長髪オールバツク、左片腕に唐獅子牡丹右大腿部に桜の入墨あり、着衣、ピンク色長袖ポロシヤツ、薄茶色ズボン、所持金品、現金五百七十円、鍵一個
 右は昭和四十八年六月二十六日午前九時十七分頃、横浜市南区高根町一丁目三番地、野村外科病院で死亡したもので死因は喧嘩による腹部刺創、失血死、引取人ないため火葬後遺骨は本市で保管しています。心当りの方は本市民生局保護課まで申し出てください。
 昭和四十八年七月二十八日
 横浜市長 飛鳥田一雄