読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ったことのないフロリダ

いなくなってしまった人や、誰なのかわからない人のこと

206

行旅死亡人
本籍・住所・氏名自称小林一郎、推定五十五歳位男性、死亡日時昭和四十六年六月七日午後十一時〇分頃、死因病死の疑い、特徴身長一六一糎位、中肉、角顔
 右は昭和四十六年六月七日午後七時頃、台東区日本堤二丁目二番十一号東京都城福祉センターにおいて治療を受け、同所出入口に座り込み、その姿勢のまま死亡したもので、お心当りの方は当区厚生部福祉課までお申し出下さい。
 昭和四十六年十月九日
  東京都      台東区長 上條  貢

行旅死亡人
本籍・住所・氏名不詳、男性、60~70歳位(推定)、身長160センチメートル、体格やせ形、白髪混じり左七・三分け、面長、紺色ウインドブレーカー、濃いグレー背広上下(ネーム山崎)、グレーセーター、薄茶スポーツシャツ、長袖シャツ(こげ茶)、白半袖シャツ、グレーブリーフ、紺色靴下、黒短靴、黒色マフラー、べ一ジュマフラー、紺色手袋、所持金150円、所持品は、手提げカバン、東京ミニ周遊券(平成8年12月29日中条駅発行)、白色半袖シャツ(新品)2枚、グレーのブリーフ(新品)、雑誌、目薬2個、カミソリ、はさみ、アドレス帳、財布、テレホンカード3枚、切手(80円)2枚、小銭入れ、腕時計2個、携帯ラジオ、ジッポライター、ブレスレッド、万年筆、爪切り、簡易ライター2個、吸い殻入れ、リップ3本、たばこ4箱
 上記の者は、平成8年12月31日午後1時02分、東京都港区高輪3丁目26番27号NTT白金第212号電話ボックス内において、ポケットに両手を突っ込み立て膝の姿勢で座り込んで、既に心肺停止状態であったのを発見されました。死因は病死の疑い。死亡日時は12月31日午前6時頃と推定されます。
 身柄引取人がいないので火葬に付し、ご遺骨は当区が保管しています。お心当たりの方は、港区厚生部管理課まで申し出てください。
 平成9年2月13日
  東京都港区長 菅谷 眞一