読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ったことのないフロリダ

いなくなってしまった人や、誰なのかわからない人のこと

222クリスマス

身元不明の女性

発見日: 1996年12月18日
発見場所:アナンデール、フェアファックス郡
死亡推定日時:発見の数時間前
死亡原因:自殺

身体的特徴
推定年齢: 50〜70歳
人種:白人
性別:女性
身長: 5フィート0 インチ
体重: 157ポンド
髪の色:赤褐色または赤、ほとんど銅色、カーリー。
目の色:不明
特長:腹部に8インチの傷跡。赤いマニキュア。
歯牙情報:利用可能。
指紋:利用可能。
DNA:提出済。

服と所持品
服:青緑色のフード付きジャケット(Mサイズ)、紺のセーター(Lサイズ)、赤のセーター(XLサイズ)、赤ノースリーブシルクのシャツ(サイズ小柄L)、ネイビーブルーニットウールパンツ(Lサイズ)、ニーハイストッキング、白サポートブラ、白パンツ(サイズ6)、黒ローファー(サイズ7M)。彼女の服は、Saks Fifth Avenueのような高級店で購入されたと思われる。
アクセサリー:二つのイヤリング、腕時計。ヒスイをはめ込んだ金の14カラット指輪、ペニシリン禁忌と心肺蘇生不要を示すアクセサリー。
所持品:遠近両用メガネ。緑のナップサック。モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイルのカセットテープ、ジュース空瓶2本、新しいマスキングテープ

状況
プレザントバレー記念公園墓地の幼児が埋葬されている区画の近くで、管理人が彼女の遺体を発見した。
彼女はヘッドフォンをつけた状態で、ウォークマンににはメル・ブルックスカール・ライナーのテープが入っていた。彼女はブランデーでバリウムを飲み下し(血中アルコール濃度0.14%)、頭にビニール袋をかぶり、その上からマスキングテープを巻き自殺したと思われる。
遺体のそばには金色のボールと赤いリボンで飾られた8インチのクリスマスツリーが置かれていた。
彼女は2枚の50ドル紙幣を残した。一つは検視官に、もう一つは墓地管理者にと指定してあり、「自らの手で死にました。検視は望みません。このお金で火葬してください。ありがとう。匿名より」という書き置きがあった。
彼女の身元やここに行き着くまでの行動を示す手がかりが何もなかった。発見された墓地周辺は最近造成されたもので、地元以外の人には知られていない。