行ったことのないフロリダ

いなくなってしまった人や、誰なのかわからない人のこと

296遺書

行旅死亡人

本籍住所氏名職業不詳推定二十二歳男、身長一米六〇糎中肉面長、やや出歯左上第一歯に有窓金冠あり。顔面中ば白骨化し其の他の特徴明かならず。着衣薄青色ジヤンパー草色ズボン白ナイロンシヤツ軍隊用袴下、死体附近にブロバリン空きびん一、煙草「光」の外箱に「幸せを祈る。頑張つて最後まで明日の幸せのためにお母さん」と遺書らしきものあり。現金百七円所持 

右は昭和三十五年三月三日神戸市生田区市章山谷間より自殺死体として発見(死亡日推定同年二月上旬)されたので火葬し遺骨を保管してありますので心当りの方は申し出て下さい。 

昭和三十五年三月八日  

神戸市生田区役所

 

行旅死亡人

本籍住所氏名不詳推定年令四、五十歳位の男身長一・六米位の体格普通表皮剥脱全身浮腫して不明、右上門歯左上第一臼歯欠損右手親指爪先に切創あり着衣は紺ジャンバー袖口腰廻り紫毛糸、草色衿付ジャケツ国防色の乗馬ズボン白木綿申又紺色靴下二枚十文位のゴム半長靴軍手、魚七神谷銀座と染抜きの手拭一枚遺書には「此度塚越先生初め皆様大変御迷惑をかけまして申訳ありません。死を以つて御詑び申上げます。種々死所を考えましたが完全行為としまして烏川の橋の上より身を投げるつもりです。皆様失礼します。これにて御ゆるし下さい。」とあり。 

右は昭和三十六年二月三日多野郡新町川岸町二九六七番地先岩倉橋下流約二百米位の右岸寄りに水死体として発見死後約一箇月位と推定。心当りの方は当役場へお申出下さい。 

昭和三十六年三月四日  

群馬県多野郡新町役場社会係

 

行旅死亡人

本籍住所氏名、不詳、二十二才位女、身長一・四五米中肉、丸顔、頭髪、前頭部八センチパーマネントシヨートカツト、着衣、立縞スカート、白ブラウス、白シミーズ、白ズロース、白ビニール短靴、所持品ビニール袋在中ビーズの蟇口現金四九一円在中遺書一通、内容「九月二十日律子勝手ながら許して下さい。思う気もなれない一人の人間も苦しめて自分が生きていこうといずれはわかる事でせう。父母様もなに一つ話しませんでした。それに思いつめられ私はどうすることも出来ない悲しい過去があります。」 

右は、昭和三十六年九月二十一日東京都世田谷区経堂町六五五番地小田急線路上にれき死体として発見、区内豪徳寺無縁墓地に埋葬した。心当の方は当区役所区民課に申し出て下さい。 

昭和三十六年十一月二日  

東京都世田谷区長 佐野 保房 

 

行旅死亡人

本籍・住所・氏名不詳、四十歳位の男性、身長一四七センチ、着衣黒灰色半オーバー、濃紺背広上下、手帳に遺書と考えられる「文枝ちやん左様奈良子供を大事にしわせに暮して下さい」と書かれている 

右は昭和五十年一月二十八日午後三時二十分頃東京都足立区小台一丁目一〇番先荒川放水路に浮遊しているのを発見されました。心当りの方は当区厚生部援護課まで申し出下さい。 

昭和五十年三月二十二日  

東京都 足立区長 長谷川久勇

295

行旅死亡人
本籍・住所・氏名不詳、推定年齢40歳~70歳位の女性、身長145cm~155cm、着衣は黒色カーディガン、紺色に白色水玉ズボン、ストッキング、白色ガードル、白色パンティー、腕時計1個、メモ紙1枚、遺留金125万2,810円
 上記の者は、平成7年12月16日午後0時10分頃広島市南区元宇品町の元宇品小学校から南方へ約200mの元宇品公園雑木林内において、白骨死体で発見され、死因は不詳、死後2か月から1年と推定されます。
 身元が不明のため火葬に付し、遺骨は国前寺(広島市東区山根町1番26号)に安置しております。
 心当たりの方は、広島市南福祉事務所まで申し出てください。
 平成8年7月8日
  広島県広島市南福祉事務所長 小鷹狩善輝

行旅死亡人
本籍不詳、住所東京都新宿区下落合4丁目23番12号、氏名小村雪夫(自称)、大正5年3月10日生まれの83歳(推定)、やせ型、白髪、遺留金品現金561,671円、預金通帳2冊、印鑑、腕時計1個、懐中時計1個、カメラ2台など
 上記の者は、平成11年7月28日午後1時11分、東京都新宿区百人町3丁目22番1号の社会保険中央総合病院で死亡した。死因は肺炎。同人は昭和42年頃から同区高田馬場1丁目17番10号に居住、平成3年9月から現在の住所に居住していたが、本籍不詳のため、身元及び親族が不明である。
 遺体は火葬に付し、遺骨を保管しておりますので、心当たりの方は新宿区福祉部総合相談室まで申し出てください。
 平成 11 年9月 24 日
  東京都    新宿区長 小野田 隆

行旅死亡人
1.本籍・住所・氏名不詳の男性、推定年齢30~60歳代、身長165.0cm~169.3cm、茶系ダウンジャケット、黒色カーディガン、赤色シャツ、白色シャツ、紺色ズボン、灰色系靴下、トランクス、白色スニーカー、青色財布、黒色小銭入れ、キーケース(鍵3個、南京錠1個)などを所持。所持金は53万5680円。
 上記の者は、平成28年1月16日南都留郡鳴沢村8532番地23、河口湖消防署西部出張所から南西方約2400mの青木ヶ原樹海内で死亡しているところを発見されました。死因は不詳。死亡日時は平成26年秋頃から平成27年10月頃までと推定されます。
 以上2遺体は身元不明につき、火葬に付し遺骨は、南都留郡鳴沢村納骨堂に安置してありますので、お心当たりの方は、本村住民課まで申し出て下さい。
 平成 28 年 10 月7日
山梨県     鳴沢村長 小林  優

行旅死亡人
 本籍・住所・氏名・性別・年齢不詳、着衣(ベージュ色コート、白色と黒色長袖シャツ、紺色長袖シャツ、黒色ズボン、黒色ブーツほか)、所持品(現金1,017,180円、茶色眼鏡、黒色ショルダーバック、黒色ポーチ、茶色財布、紺色折りたたみ傘ほか)
 上記の者は、平成28年9月8日午前6時10分頃、青森県平川市碇ヶ関折橋10番地東日本旅客鉄道株式会社秋田支社津軽湯の沢駅の南西方向約200メートルの山中で、人体の一部(頭蓋骨)が発見されました。おおよそ1年から2年前後の死後経過と推定されます。当市で火葬に付し、遺骨を保管しています。
 お心当たりのある方は、平川市役所健康福祉部福祉課まで申し出てください。
 平成 29 年2月 28 日
青森県     平川市長 長尾 忠行 

行旅死亡人
 本籍・住所・氏名不詳、推定年齢30歳代~50歳代の女性(推定)で、所持品は、現金1,014,325円、茶色リュックサック、紫色カーディガン、登山靴半足、肩掛けバッグ2個(黒色、茶色)、封筒(遺書入り)、印鑑、茶色財布、テレフォンカード2枚、黒色数珠、お守り4個、イヤリング、銀色ウインドブレーカー上下、水色折り畳み傘、化粧品一式、腕時計、靴下、手袋3双、タオル7枚、マフラー、下着類、懐中電灯、古銭1枚等
 上記の者は、平成30年9月16日、甲州市塩山上萩原2689番地10丸川荘南方約600メートルに位置する沢の中から発見され、死因は不詳、死亡年月日は、平成30年3月から6月頃と推定。遺体は火葬に付し、納骨堂に保管してあります。お心当たりの方は、当市福祉事務所までお申し出ください。
 令和2年3月3日
山梨県     甲州市長 鈴木 幹夫 

行旅死亡人
 氏名(自称)井出百枝(いでももえ)、生年月日(自称)昭和10年3月26日生、住所・本籍は不詳、性別は女性、推定年齢は70歳代から80歳代の間、身長153㎝、体格中肉、白髪混じりの短髪、所持金7,453,402円
 上記の者は、平成26年11月29日から市内ビジネスホテルに宿泊していましたが、令和2年3月28日に部屋で死亡しているところを発見されました。
 身元不明のため、火葬に付し、現在、別府市納骨堂に安置しております。お心当たりの方は、別府市福祉共生部福祉政策課までお申し出ください。
 令和2年5月 15 日
大分県     別府市長 長野 恭絋

行旅死亡人
 本籍・住所・氏名不詳、60~80歳代の男性、現金2,436,198円、財布、小銭入れ2個、腕時計、ICOCA2枚、薬、ペン2本、自転車、保冷バッグ、イヤフォン、紙片、リュック
 上記の者は、令和2年1月6日午前9時10分、住之江区浜口東1-1-13住吉公園内テニスコート北東トイレで発見されました。死亡は令和2年1月4日午前0時00分、発見場所に同じ。死因は向精神薬中毒。遺体は検視の上、鶴見斎場にて火葬に付しました。心当たりの方は当区役所生活保護業務主管課まで申し出てください。
 令和2年7月2日
大阪市     住之江区長 末村 祐子 
 

294

行旅死亡人

本籍住所不明、自称氏名田中和男又は工藤和男、推定年齢三十二才位の男、相貌身長一米七五糎、中肉面長、眉毛濃し、頭髪七・三分、ヒゲ面、前歯金冠三本、服装並に主なる所持品 黒木綿ジヤンバー、茶色コール天ジヤンバー、黒メリヤス長袖シヤツ、晒木綿腹巻、茶コール天乗馬ズボン(革バンド-付)、茶メリヤス股引、木綿水色パンツ、紺木綿脚絆、職人足袋、ナイロン草色靴下、黒ビニール製二つ折財布一箇(内容は日本血液銀行発行の田中和男名義の登録証二枚のみ)、死亡の日時及場所 昭和三十五年一月十一日午後六時三十分頃所沢市新井一九三七土建業三浦飯場内 

右死亡者は所沢市新井敬喜医師、所沢警察署勤務松村警部補立会の許に検視終了、他殺死と判明す。身元不明により所沢市役所厚生課に於て所沢市上新井普門院共同墓地に仮埋葬致しました。心当りの方は所沢市役所厚生課に申出で下さい。 

昭和三十五年一月十八日

所沢市役所


行旅死亡人

本籍朝鮮青山島以下不詳、住所神戸市生田区弁天町一丁目一沈莫秀方、沖仲仕中村一夫こと朴学先、三十六才男 

右は昭和三十五年十月五日神戸市生田区弁天町一の一沈莫秀方前路上において年令二十五才位の男とけんかをし腹部をけられて倒れていたので、パトロールカーが金沢病院に収容し加療中のところ、十月七日に死亡したりで検視の上火葬し遺骨を保管しておりますので、必当りの方は申し出て下さい。 

昭和三十五年十月十二日   

神戸市      生田区役所


行旅死亡人

 本籍・氏名不詳、年齢30~50歳代の女性、身長160㎝、肥満度痩、頭髪黒色で直毛約25㎝、足長約20㎝、着衣は発見時に身に着けておらず、身体下腹部上に紺色ジャージが掛けられ、身体付近に黒色ズボン、ベージュ色ショーツが置かれていた。所持品は、現金1,156円、自宅鍵2本、保険証1通、年金手帳1冊 

上記の者は、令和元年8月上旬、埼玉県久喜市上内478番地わし宮団地1街区13棟106号で死亡したもので、身元不明のため火葬に付し、遺骨は保管してあります。心当たりの方は、当市福祉部生活支援課まで申し出てください。 

令和2年3月 27 日

埼玉県     久喜市長 梅田 修一 

293

行旅死亡人

本籍住所氏名等不詳推定年齡六十歲位男著衣黑羅紗厚司黑色毛絲襟卷黒色絹羽織淺菫色裏縱縞著物木綿二枚靑色毛斯兵兒帶コール天足袋十一文位茶褐莫大小襯衣同ズボン所持金品桐日和下駄黑爪掛【^中】ノ燒印アリ茶褐ノ中折帽子木綿縱縞風呂敷小位牌(高山道寶信士、功山德信女)蝦蟇口十錢白銅貨七箇五錢白銅貨四箇一錢銅貨一箇

右去月三日本市伊奈波神社境內山林中ニ於テ縊死シ居ルヲ假埋葬ス心當リノ者ハ申出ツヘシ

昭和八年二月七日 岐阜縣岐阜市役所


行旅死亡人

住所氏名不詳、推定年齢六十歳位の男性、身長五尺五寸位、衣類パナマ帽、白シヤツ、國防色ヅボン、所持品革製二つ折財布、現金一千二百五十八円四十三銭在中、黒ラシヤ製提袋、白木綿製袋に大豆一升在中、パナマ帽、黒短靴、絹國防色ズボン 

右は昭和二十三年八月一日神奈川縣小田原駅上りホームにて心臓麻痺し死す檢視の上当市において火葬にした心当りの者は申し出られたし。 

昭和二十三年十一月十七日

神奈川縣小田原市役所


行旅死亡人

本籍住所不明推定年齢五十七、八才位の女昭和二十五年二月十九日午後二時頃三重県志摩郡和具町地先海岸に溺死体となつて漂流中を発見、丈四尺八寸位、丸顏、肥えた方頭髮黒く後で束ねる、着衣大島かすりの羽織、縞の裕着物、博多けんじようの單衣帶、白木綿及びネズミ色ネルの腰卷、瓦斯銘仙のモンペ、白木綿の肌着、繻袢の襟は紫色縮緬にて金糸入り、特徴臍の下に長さ十糎位の手術の跡あり、所持金品現金三百十円、写真五十才位の男一枚、七十才位の女一枚何れも和服姿、日本手拭一枚、ナイフ一丁

右之者本年二月十九日変死人として和具町警察署長から引渡しがあつたが身元不明につき仮理葬を行なう。心当り方は当町役場へ申し出られたい。

昭和二十五年二月二十二日

三重県志摩郡和具町長 城山彌次郎


行旅死亡人

本籍住所氏名不明男推定年令六〇女五〇骨格着衣等腐敗して明かでなく女に金冠の義歯あり遺留品はアルミの飯盒水筒等側に遺髪をいれた小箱があつた。 

右は昨年五月二日本町畑宿二子山林内に変死しているを発見検視の上仮埋葬したから心当りの者は当役場に申し出られたい。 

昭和二十六年三月二十四日

神奈川県足柄下郡湯本町役場


行旅死亡人

本籍住所職業氏名其他一切不詳女性推定年令四十歳前後身長約五尺二寸位推定体重十六貫位骨格及筋肉発育良好栄養程度普通着衣絹紺色単衣一枚ウロコ青色呂夏帯一本白フラン腰巻一枚木綿帯押上げ一個携帯品ナイロン白風呂敷一枚この風呂敷に位牌一個つつんで持参す位牌に記入せる文字は(梵字)義明嬰児位大正十五年六月二十日歿と金文字にて記入してあり 

右本年七月二十一日江戸川岸にて溺死体となりて発見引取人なきため本町大字元町雲国寺墓地に仮埋葬した心当りの方は申出下さい。 

昭和二十七年十月三十一日

千葉県東葛飾郡関宿町役場


行旅死亡人

本籍不詳推定本籍北海道室蘭市中島町二三一住所氏名不詳推定氏名斉藤一生推定年令二十二才の男人相骨格は身長一六五糎位骨格栄養中等鼻背に小擦過創あり他に特徴なし着衣は鼠色ジヤンバーラスターコート青色のズボンを着し下着は白のワイシヤツ、メリヤスシヤツ、サル又黒皮短靴を履いていた、所持金品は現金三十円ビニール製グレイチヤツク付書類入学校卒業証書珠算検定合格証洗面具等 

右の者は昭和三十五年三月五日頃当区葺合町草川谷字摺粉鉢附近で服毒自殺しているのを翌六日発見身柄引取人なき為当区春日野火葬場で火葬の上遺骨を同火葬場に保管中

昭和三十五年三月十六日

神戸市葺合区役所


行旅死亡人

本籍住所氏名、不詳、年齢五十歳前後位の女性、身長一五一糎、左環指中節部より欠損、盲腸痕、避妊手術痕(臍下十五糎)、グレー上衣バンド付き、白腹巻、白肌着、薄茶色長ズボン、白毛糸セーター、水色地に白花柄模様シャツ、べージュ色靴下、黄色毛糸パンツ、白パンツ、白パッチ、女物腕時計(セイコー)、リングの指輪、写真(昭和二十年前後のものと推定) 

右は昭和五十三年四月二十日午後四時頃、高松市男木島灯台東方五百米の海上で発見したもので死亡は四月十八日前後頃と推定される、引取人なく当市で火葬にふし、遺骨は保管していますから心当りの方は福祉事務所総務課へ連絡ください。

昭和五十三年五月九日   

香川県  高松市役所

 

*昭和22年以前の官報記事は、「過去ノ行旅死亡人」スレッドから転載させて頂きました。